ゼネラル・エレクトリック【GE】のチャートがなかなか面白いことになってきました。

 

言わずとしれた創業140年以上の超名門企業で創設者はかのトーマス・エジソン

21世紀初頭までは世界で最も優れた企業として、1896年に作られたダウ平均株価に当初から組み入れられていた唯一の銘柄でしたが昨今の経営不振により2018年にダウ平均から外されてしまいました。

 

 

上記の通り株価は低迷しているとはいえ、名門コングロマリットだけあって現在でも時価総額は1,000億ドル以上。

事業内容も航空機エンジン、電力、医療用機器(日本でもGE製のCTをよくみかけますね)、金融など多岐にわたっています。

 

これだけの巨大コングロマリット企業であることから、ファンダメンタル分析は(よほどのプロフェッショナルでなければ)ほとんど当てになりません。

とはいえ最近は宇宙関連事業への期待もあって機関投資家の保有が増えたようなので、それらも織り込んだ過去1年間のチャートをみてみると・・・

 

 

いい感じにカップウィズハンドルを形成しましたね。

ただしさほど出来高を伴っていないのでまだ注意が必要です。

 

もう少し長く、過去5年のチャートをみてみると

 

 

13ドル付近に抵抗線がありそうです。

ここを超えるようであれば今後の上昇に強く期待できるのではないでしょうか。

 

というわけで私の方針としては、今の価格帯で少し買ってみて、今後13ドルを超えるようであれば積極的に買い増していきたいと思います。

 

 

 

参考になりましたらクリックお願いします

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村


外国株式ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事