皆さんは個別銘柄のウォッチリストをどうやって管理していますか?

私はこれまでExcelに手打ちで入力していましたが、銘柄が増えるほど面倒になりますよね。

 

そんな中、ツイッター経由で知ったこの情報。

一度作っておくと株価はもちろん、売上高やチャート、決算情報まで自動で更新してくれる素晴らしいシートの作り方。

 

【米国株投資】誰でも出来る!銘柄を自動で管理できるGoogleスプレッドシートをつくる方法

 

 

そんなわけで上記サイトを参考に早速作ってみました。

 

 

おおおおおおお!これは滅茶苦茶便利!

Excelと違い、Googleスプレッドシートには株価や時価総額を読み込む関数が装備されており、左端のティッカーを入力すると、自動で読み込んでくれます。

 

残念ながら決算情報を読み込む関数は無いようなので、売上などは外部サイトのアドレスを指定する必要がありますが、それでも一度入力してしまえばあとはデータ参照元の更新に伴い自動で読み込んでくれるので超絶楽ちんです。

 

 

日本株でも作ってみようかと思いましたが、残念ながらこれらの関数は米国株のみのようなので現状ではできないようですね。

株探からデータを取ってくる方法もあるようですが、米国株に比べると一手間も二手間もかかるので気が向いたときにでも作ろうと思います。

 

 

米国株に投資している人の中では常識なのかもですが

私的には「何年も手打ちで入力していたのが何だったの・・・」と思うくらい衝撃だったので紹介させていただきました。

 

よしなに

 

にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村


外国株式ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事