昨日モバイル決済サービスを手掛けるフィンテック企業、スクエア(SQ)の決算発表および買収発表がありましたね。

 

これらの発表を受けて株価がどう動くかに注目していましたが、結論としては非常に好意的に捉えられ、機関と思われる非常に大きな買いが入り今後に期待できるものになりました。

 

個人的な事情を言わせてもらうと、最近まで私のポートフォリオで最も大きな割合を占めるのがリフト【LYFT】でしたが、思ったほどの上昇しなかったので大半を手仕舞いしました。

 

代わって相対的にポートフォリオ中第一位を占めるのがスクエア【SQ】になっているので胸を撫で下ろした格好です。

 

 

 

スクエアは非常に有名でいまさら私が業務内容を語るような会社でもないので、一例としてやすさんのブログ記事をリンクしておきます

【SQ】急成長企業Square徹底的に解説!これが本当のSquareだ!

 

 

 

 

さて、今回のQ2決算では売上高をミス・・・

 

でも実際には下記のツイートの通りビットコインの売上高が非常に大きく、ビットコイン価格に大きく左右されるため一概に悪いといえず。

 

 

 

利益成長率は素晴らしいので必ずしも決算をミスったとはいえない。というか良決算?

 

と思っていたら買収発表もあり

 

 

むしろこっちの評価に迷っていました。

 

このAfterpayの時価総額が$20B(2.2兆円)ほどのところを$29B(3.2兆円)での買収なので割高ともいえますが、アナリスト評価では好意的だったのではたして・・・

 

と思っていたら昨日のプレマーケットで4%くらい下がっていました。

 

しかし蓋を開けてみれば+10.16%で引けたので決算・買収発表ともに非常にポジティブに捉えられたということですね。

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたが私が言いたかったのは以下です。

 

昨日の出来高とフローを見ていただきたいのですが、非常に出来高が大きいのみならず

 

フローをみるとLargeサイズのinflowが大きくなっていますね。

 

 

 

これらを合わせて考えるとクジラさん(機関投資家)が重い腰を上げて買いに動いたと考えてよいのではないでしょうか。

 

チャート的にもブレイクアウトしつつあるので非常に面白い局面だと言えそうです。

 

 

私はすでに結構なポジションを持っているのですぐに買い増すつもりはありませんが、将来に期待が持てるので今後の下落局面では積極的に買い増していきたいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事