今年はコロナの影響でなかなかマイルを使う機会もなく、持て余している方も多いのではないでしょうか。

 

JAL、ANAともに特別措置としてマイル有効期限の延長措置がなされていましたが、この度さらなる特別措置が発表されました。

 

今までは特に申請不要で自動的に延長されていましたが、今回は無料の登録申請が必要となっているので注意しましょう。

仮に有効期限を迎えるマイルがなくても申請して損はないのでやっておくといいですね。

 

JALとANAで対応が少し異なるので簡単に解説します。

 

 

JAL

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/jmb/jmb-notice/index.html

 

有効期限をむかえるマイル・e JALポイントの取り扱いについて

2020年10月1日~12月末までに有効期限をむかえるマイルとe JALポイント
有効期限1年間のe JALポイントを積算いたします。

2021年1月1日~3月末までに有効期限をむかえるマイルとe JALポイント
一律有効期限2022年1月末のe JALポイントを積算いたします。

 

こちらはマイルそのものの有効期限延長ではなく、マイルをeJALポイントに交換して延長になるので注意が必要です。

ちなみに1マイル→1.5eJALポイント(1.5円相当)となります。

微妙といえば微妙な措置ですが、マイルが期限切れで消失するよりはよほどいいですね。

 

 

ANA

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/exdates-mile-skycoin20-11/

 

登録期間中の参加登録が必要です。

2020年3月31日(火)から2021年2月28日(日)までに有効期限を迎えるマイル・ANA SKY コインについて、2021年3月31日(水)まで有効期限を延長しておりましたが、さらに2021年3月31日(水)から2021年8月31日(火)までに有効期限を迎えるマイル・ANA SKY コインを2021年9月末まで延長いたします。

一度、2021年3月31日(水)まで有効期限が延長になったマイル・ANA SKY コインについても本延長の対象となります。

 

ANAの方はシンプルにマイルもしくはSKYコインの有効期限延長ですね。

これは間違いなくやっておいて損はないので登録しておきましょう。

 

 

投資家におすすめのJALマイル有効活用法

最後におまけのJALマイルの有効活用法です。

私自身が最近実際に交換したばかりで、かなり満足しているので紹介したいと思います。

 

端的に言うと

 

JALマイルでウォール・ストリート・ジャーナルの1年間購読券をゲット

 

ということです。

 

マイルから直接は(多分)交換できないので間に別ポイントを挟む必要があります。

その別ポイントというのがオークラ&ニッコーホテルの会員プログラムであるOne Harmonyポイントになります。

https://www.jal.co.jp/121campaign/oneharmony/

 

これについてはブログをはじめた頃に一度記事を書いているのでよければ参照ください

 

上で紹介した内容を端的に述べると

 

・30,000JALマイルを18,000のOne Harmonyポイントに交換

・ホテルの上級会員資格+2〜4泊程度の無料宿泊ポイントをゲット

 

というものです。

 

このOne Harmonyポイントを2,000ポイント分使うことでウォール・ストリート・ジャーナル電子版の1年間購読権に交換することができます。

https://www.okura-nikko.com/ja/one-harmony-award/the-wall-street-journal/

 

wsj

 

JALマイルからの交換比率でいくと3,333マイルになりますね。

かなりお得な活用法といってよいのではないでしょうか。

 

なおWSJは日本語版・英語版ともに読めるので重宝しています。

特に米国株に興味を持っている方にはかなり有益なのでおすすめです。

 

 

以上簡単に紹介しましたが参考になりましたら幸いです。

 

 

 

2020年のIPOも一段落しつつあるので今後はまた機会をみつけてこういう記事や米国株情報を載せていきたいと思います。

応援いただければ今後の励みになるのでよければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村


IPO・新規公開株ランキング

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事