10/28上場のプレミアアンチエイジング(4934)のBB参加スタンスです。

主幹事 野村證券のBB受付期間が10/13(火)〜15(木)と短いので申込を忘れないようにしましょう。

 

そして本日発表された仮条件は、想定価格3,350円に対し3,700〜4,140円と大幅に上振れました!

 

業種は基礎化粧品の製造・販売と地味な業種ながら、直近の売上や利益の伸びには目を見張るものがあります。

同社の販売チャネルの80%以上が定期通信販売なので、リピーターが多く安定した顧客基盤を有しているといえるでしょう。

 

 

東証マザーズ上場ですが吸収規模は100億円弱で比較的大きめ。

しかし既存株主の大半が経営陣でありベンチャーキャピタルからの出資は見当たりません。

 

想定価格は野村らしく少し強気かな?と感じましたが、更に仮条件を上乗せしてきましたね。

IPO的には地味な業種ですが、強気な仮条件を受けて参加スタンスはAよりのBにしたいと思います。

 

これまで野村證券は強気な価格設定をするのであまりいい印象を持っていませんでした。

しかし最近、下記の本を読んで最も実態に近い値付けをしている証券会社なのでは?と思うようになりました。

そのため、そんな野村が仮条件を上乗せしてきたということは初値の上昇に期待できるのではなかろうかと思っています。

 

 

なおセカンダリー的には今後もこの伸びが期待できるかやや不安なところもあるので当選した場合は初値で売却の方針です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事