ポピンズホールディングス(7358)

主幹事:大和証券

幹事:SBI証券、みずほ証券、SMBC日興証券

上場日:12/21(月) 【2社同時上場】

市場:東証1部 or 2部

事業内容:ベビーシッター派遣等を中心とした在宅サービス事業及び保育・学童 施設等の運営を行うエデュケア事業等

想定価格:2,850円

仮条件:2,650〜2,850円(普通)

公募・売出株数:1,100,000株+2,150,000株(+OA 487,500株)

吸収金額:107億円(大型

 

ベビーシッターや保育所の運営といった育児系の業種はIPO的に弱く、初値は微増に留まることが多いです。

 

最近では政策・国策銘柄として挙げられることが多いですが、IPOとしての人気にはさほど繋がらず、直近では10/28に上場したさくらさくプラス(7097)が公募価格2,330円→初値3,435円(+47%)でした。

 

このときはIPO市況が好調で、ラッシュという程ではない時期の上場だったため、今回のポピンズホールディングスはよほど好調でもこれを越える上昇率にはならないのではないかと予想します。

 

一方でIPOラッシュ中であっても公募割れまではいかないと考え、わずかな上昇を予想します。

 

幸い、幹事証券がSMBC日興証券を除いて同一資金で申込可能な証券会社ばかりなので、ヤプリなど他銘柄と同時に申し込んでおけばよいのではないでしょうか。

 

初値予想は3,000-3,500円

BB参加スタンスはCとします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事