待ちに待った12月のIPO第一弾がきました!

上場日は12/15なので11/30上場のバリオセキュアから2週間以上空く可能性がありますが、これからほかの銘柄も発表されるかもしれないので今年も12月のIPOラッシュに期待したいですね。

 

どうでもいいですがビーイングで変換したらビーインググループと勝手に変換されましたね。

ZARDとか大黒摩季とかのアレだと思いますが90年代前半に流行った音楽で私よりちょっと上の世代なのであまり詳しくありません笑

 

さてそんなことはどうでもいいので銘柄をみていきましょう。

 

銘柄:ビーイングホールディングス(9145)

主幹事:野村證券

上場日:12/15(火)

市場:東証2部

想定価格:910円

仮条件:未定

公募・売出株数:1,160,000株+346,000株(+OA 225,900株)

 

事業内容

生活物資に特化した物流事業(主に自社及び顧客の物流センターの輸 送・保管・包装・荷役・流通加工・情報システムの構築を一貫して手 掛ける3PL事業、物流コンサルティング)、その他(旅客事業等)

 

「運ばない・触れない物流」を目指しているそうで、メーカーや卸などの物流センターを極力経由せず荷物を配送する仕組みの構築を目指しているようです。特色があって面白いですし、コロナ後の世相にも合ってそうですね。

 

 

 

業績

ここ数年の業績は順調です。

毎年、新規の物流センターを各地にオープンしておりその関係で負債が多く自己資本比率は低めですがしっかりと利益を出している点は評価できそうです。

 

beinggroup, performance

 

 

吸収規模・既存株主・VC出資

吸収規模は約16億円で東証2部としてはかなり小型です。

既存株主をみると創業家一族および個人名しかなく、VCからの出資は全くありません

売出以外の保有分には90日のロックアップがかかっており価格による解除条件はありません。

 

IPO評価

1986年に北陸で創業し、その後まじめにコツコツと事業を拡大しながらついに上場に至ったというような印象です。

現在も北陸が中心ですが、東海・近畿・関東・東北へも着実に拠点を広げているようですね。

 

東証2部という点ではIPO的に大きなマイナスですが、想定価格や吸収金額が小さく、出資や業績等の諸要素を考慮するとなかなか期待ができるのではないでしょうか。

 

個人的にこういう業績が良い東証2部の地味系IPOは好きなのでバイアスも入りますが、ざっと見た感じの印象で初値はそこそこ上昇しそうに思います。

よって現段階でのIPO評価はBとします。

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村


IPO・新規公開株ランキング

 

 

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事