大和証券主幹事、ワンダープラネット(4199)のIPO新規承認がありました

 

 

ワンダープラネット(4199)

主幹事:大和証券

幹事:SBI証券、楽天証券、マネックス証券、野村證券、東海東京証券、三菱UFJMS証券

上場日:6/10

市場:東証マザーズ

事業内容:エンターテインメントサービス事業

想定価格:2,410円

仮条件:未決定

公募・売出株数:50,000株+139,300株(+OA 28,300株)

吸収金額:約5.2億円(小型

業績:赤字企業だったが最近黒字化

需給:VC保有マシマシ、いずれも1.5倍でロックアップ解除

 

 

エンターテイメントサービス事業とのことですが平たく言うとスマホゲームの開発運営を行っています。

地合いにもよりますが業種、規模、需給を考えると2倍は固そうな印象です

IPO評価はAです

 

 

ところでこの手の小型案件はみずほ証券に多い印象ですが今回は大和証券主幹事ですね。

枚数が少ないので当選は厳しめですが、それでもテンダのようないち○し証券主幹事案件よりはよほど期待できるので積極的に参加したいと思います。

 

 

 

またしても余談ですが、この企業名を最初にみたときに

 

なんかチェコのカルト映画でそんなタイトルがあったな?

 

と思いましたがそれはファンタスティック・プラネットでした

 

存在は知っていますが実際に観たことはないのでそのうち観たいものです。

あと調べたら、ワンダープラネットというタイトルのディズニーライクな中国産アニメ映画もあるようです

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村


IPO・新規公開株ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事