本日10/27、カラダノート(4014)がマザーズに上場しました。

事前の予想通り1日目は値がつかず、2日目以降に持ち越しとなりました。

 

大引け直前の気配値は、公開価格450円の2.3倍となる1,035円。

売が595,900に対し買が2,273,900と圧倒的な買い気配で終了しています。

明日も買い気配でスタートするでしょうが、問題は3日目までいくかどうかですね。

 

明日の上限値段は2,381円になる見込みですが、ここを越えるかどうか微妙なラインだと思います。

マザーズをはじめ相場全体が弱気になってきたので、これまで加熱していたIPO熱も冷めてきたかを確かめるための試金石的な存在になるのではないでしょうか。

 

今週は10/28のプレミアアンチエイジング(4934)およびさくらさくプラス(7097)、10/30のRetty(7356)と注目銘柄の上場が続くので、久しぶりの上場となるカラダノートにはぜひ先陣を切って頑張ってもらいたいものですね。

 

 

\クリック応援お願いします/

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村


IPO・新規公開株ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事