野村證券主幹事、ラキール(4074)のIPOが発表されました

 

ラキール(4074)

主幹事:野村證券

幹事:SBI証券、楽天証券、SMBC日興証券、岩井コスモ証券、三菱UFJMS証券、丸三証券

上場日:7/16

市場:東証マザーズ

事業内容:企業向けシステムの開発・保守及びクラウド型アプリケーション開 発・運用基盤「LaKeel DX」とその関連製品の開発・販売等

想定価格:1,300円

仮条件:未決定

公募・売出株数:840,000株+420,000株(+OA 189,000株)

吸収金額:約18.8億円(中型

業績:サブスク売上高、ユーザー数は順調に増加

需給:多少のVC保有はあるが価格によるロックアップは日数条件のみ

 

 

日程、業種、業績、需給など総じて欠点らしい欠点がないIPOのように思います。

枚数もそこそこでそれなりの利益が期待できるという嬉しいタイプのIPOといえるのではないでしょうか。

 

 

最近、野村證券と共同でIPOを取り扱うと発表していたLINE証券が第一号案件として7/8上場のコラントッテ(7792)を扱うと発表されました。

ぜひこのラキールがLINE証券のIPO第二号になってほしいですね。

 

LINE証券のIPOはスマホ証券ながら100株が1単元なので野村證券主幹事案件では大きな利益に期待ができます。

積極的に口座を開設しておきたいところです。

 

ちなみに私は2%の高還元を誇るVisa LINE payクレジットカードをメインのカードにしていますが、カードの利用で得られたポイントをLINE証券への入金に使うことができるのでかなり利便性が高いです。

 

LINE証券

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事