久しぶりのIPO承認がきました。

化粧品・サプリメントの製造販売とIPO的には弱いテーマですが、そこそこの利益が期待できそうな印象です。

 

 

アクシージア(4936)

主幹事:大和証券

幹事:SBI証券、三菱UFJMS証券、野村證券、楽天証券、岡三証券、丸三証券

上場日:2/18(木) 【単独上場?

市場:マザーズ

事業内容:化粧品及びサプリメント製造・販売事業

想定価格:1,360円

仮条件:未発表

公募・売出株数:3,000,000株+3,600,000株(+OA 990,000株)

吸収金額:約103億円(大型

業績:売上は右肩上がり、利益はやや安定せず。

 

 

業績や成長性には期待ができるものの、IPO的にテーマが弱く、マザーズとしては大型であることもマイナスです。

 

一方でVC出資が見当たらず既存株主には180日のガチガチのロックアップがかかっており、かつ売出しの半分以下は海外に販売されるので見た目よりは需給が絞られているとみて良いのではないでしょうか。

 

直近では同じように規模が大きめで業績が順調な化粧品会社であるプレミアアンチエイジング(4934)のIPOがありましたが、こちらは公募価格4,140円で初値が1.37倍、セカンダリーも良好という結果でした。

 

公募価格は大きく違いますが、似たような展開になってもおかしくないように思います。

ただしこちらは想定価格が低いので、Pアンチエイジングと同程度の騰落率だと利益は5万円程度です。

 

仮条件次第ですが、現時点でのIPO評価はB寄りのCにしておきます。

 

 

今回、大和証券が主幹事なのでconnectの委託幹事が発表されそうですね・・・

と思ったらすでに発表されていました。

 

 

2020年12月のIPOラッシュ時はconnectでの大盤振る舞いがあり私もSANEI(6230)で+132,500円の利益をいただきました。

2021年もご祝儀配分があるかもしれないので積極的に口座を作っておきましょう。

 

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村


IPO・新規公開株ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事