2021年5月のIPOは結局ゼロでしたが、早速6月IPOの第一弾がきました

 

メイホーホールディングス(7369)

主幹事:東海東京証券

幹事:SBI証券、野村證券、SMBC日興証券、岡三証券ほか

上場日:6/2

市場:東証マザーズ

事業内容:建設コンサルタント業、補償コンサルタント業、測量業、地質調査業、 人材派遣事業、警備業、建設業、介護事業等を営む子会社等の経営管 理およびこれに附帯する業務

想定価格:1,670円

仮条件:未決定

公募・売出株数:300,000株+104,000株(+OA 60,600株)

吸収金額:約7.8億円(小型

業績:売上は順調に拡大。利益は安定せず

需給:VC保有なし。経営陣には180日のロックアップ。

 

 

岐阜県を地盤として多角的な事業を営んでいるメイホーグループの持株会社のようです

 

グループの事業は建設コンサルトや公共工事といった建設関連をメインとして、そのほか技術者派遣などの人材関連サービス、介護事業などを行っています。

 

ざっとみて事業内容的には地味感が否めないのですが、久しぶりのIPOであること、小型であること、需給面が良好であることからそこそこには上昇しそうな印象です。

現段階での評価はBとしました

 

主幹事が東海東京証券で狙い目なので積極的に参加して当選を狙いたいですね。

 

 

5月はIPOがなくてやきもきしていましたが、無事6月案件が登場してほっとしています

この調子でどんどん追加されるといいですね

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

 


IPO・新規公開株ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事