本日は3社の初値がつきました

 

昨日上場で2日目持ち越しとなったENECHANGE(4169)は公募600円に対し初値2,400円。

一時は下落するも終値は2,682円となりました。

なかなか順調な滑り出しといってよいのではないでしょうか。

 

 

 

一方、本日上場の東京通信(7359)は公募1,250円に対し初値2,484円

終値は2,241円に下落しました。

こちらは少し物足りないという印象です。

 

 

そして特筆すべきは同じく本日上場のグローバルインフォメーション(4171)。

公募価格1,210円に対し初値は2,580円とそこそこでしたが、その後は速攻でストップ高に張り付きそのまま終了になりました。

 

 

私は昨日の記事で、

 

「初値がそれほど上がらない→セカンダリーで上昇」

 

という展開がありそうと述べました。

 

予想通り!とドヤりたいところですが率直にいってここまで強いとは全く思っていませんでした。

とはいえ初日に売り注文を出さなくて本当に良かったです。

 

どこまで伸びるかはわかりませんが、しばらくホールドしてみようと思います。

 

 

 

さて、明日は3社上場ですね。

大方の注目は良い意味で東和ハイシステム(4172)、良くない意味でファンペップ(4881)でしょう。

 

しかし私はその2銘柄の背後に隠れた地味銘柄のSANEI(6230)の当選を頂いているのでこちらに最も注目しています。

 

東証2部にしては小型でVC出資もなく需給面は悪くないのですが、かといって初値およびセカンダリーで大きく上昇するとも思えないので、基本的には初値売りで数万円の利益がゲットできれば良いかなくらいに考えています。

 

上場直前の初値予想はBB時と変わらず2,200円〜2,700円で据え置きですが、よくて2,500円程度かなというのが正直なところです。

 

 

よければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村


IPO・新規公開株ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事