2020年のIPOも残すところ2件となり、本日はクリングルファーマ(4884)が上場しました。

 

10:34に初値1,480が付き、公募価格1,000円の約1.5倍となりました。

 

同じバイオ銘柄でもファンペップ(4881)と較べると枚数が少ないので当選した方はさほど多くないかと思いますが、初値売りでしっかり利益確保ですね。

おめでとうございます。

 

 

上場後は1,740円の高値をつけたあとは下落基調となり、前引けは1,578円となっています。

 

 

 

 

 

さて、明日はいよいよ2020年IPOのオーラス案件かつ期待の銘柄、オンデック(7360)が上場しますね。

 

同業のストライク(6196)、日本M&Aセンター(2127)、M&Aキャピタルパートナーズ(6080)などがここ最近冴えない動きをしているので、それらの煽りを受けて初値が低めに落ち着くようならセカンダリーで買いたい・・・

 

というのは単なる願望。

 

結局、IPO地合いが強いまま年末を迎えたのでご祝儀買いも合わさって初値は高騰するのではないでしょうか。

 

 

個人的な願望としてはお手頃価格で安く落ち着いて来年に向けて買いを仕込めるのが一番の理想ですが、そうでなければ突き抜けて3日目まで持ち越して史上初の年越し上場になってほしいと思っています。

 

とはいえ実際にはどちらの可能性も低く、そこそこに高騰のレベルで落ち着くのではないでしょうか。

 

直前予想としては公募価格の3倍程度となる4,500円〜5,000円あたりを予想しています。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

 


IPO・新規公開株ランキング

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事