f:id:docteur_pere:20200923195502j:plain

今日は注目のIPO、IoT住宅を手がけるタスキの抽選発表がありました。

9月BBのIPOラッシュも終盤を迎えつつあり、ダイレクトマーケティングミックス、キオクシアといった大型案件を除けば最後の案件となります。

個人的に特に注目している銘柄であり、主幹事SBI証券に大半が配分されることから総力を挙げて全力投入しましたが果たして結果は・・・

家族3人とも落選でした(泣)

期待していただけに残念です。はぁ・・・

しかし残念ながら落選とはいえ、銘柄に魅力を感じているのは確かなので積極的にセカンダリーを狙っていきたいと思います。

今後、タスキの株価動向を予想する上で一つ参考になりそうなのが7/31に上場した日本情報クリエイト(4054)。

同日上場のSun Asteriskがあり、また直後に注目のIPOモダリスの上場が控えていたこともあって公募1,300円→初値2,210円(+70%)と初値こそそれほどの高値ではありませんでしたが、その後は上昇トレンドを描いています。

f:id:docteur_pere:20200923193243j:plain

出典:TradingView

・日本情報クリエイトは不動産事業者向けの仲介・管理支援ソフトウェアを提供

・タスキは自身でIoT住宅を企画し販売

と完全に同業種とは言えませんが、不動産テックという点で共通しています。

また、タスキの注力ポイントにオンラインでの物件内覧や販売ということもあり、日本情報クリエイトの株価・業績が好調であることはタスキの今後を予想する上でポジティブな材料になると考えています。

今後、オフィスを中心に不動産市況は冷え込みが予想されていますが、テレワーク化により快適なIoT住宅には強みがあります。

また、医療や不動産は特に電子化が遅れており、かつ新首相の誕生に伴うデジタル化の推進と政策の後押しもあることからかなり期待できるのでは?と考えています。

一応、まだ岩井コスモ証券やSBIネオモバイル証券の後期抽選が残っているのでそちらに少し期待しつつ、上場を楽しみにしたいと思います。

・・・でもSBIでの落選は本当に残念です。。。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事