f:id:docteur_pere:20200915110337p:plain
出典:タスキ

SBI証券主幹事、9/18 BB締切のタスキのIPO参加スタンスです。

東京23区を中心に、照明や家電などのIoT設備が備え付けられた集合住宅の開発・販売を行っており、売上高・利益ともに右肩上がりで順調に伸びています。
急成長している最中での上場かつ想定価格の低さや供給量の少なさも相まって初値〜上場後のいずれも上昇が期待できます。

新型コロナの影響で不動産市況は依然不透明な状況が続いていますが、IoTに特化した付加価値付きの物件という強みがあり、またVRを活用した物件の下見〜販売までをオンラインで提供していることからコロナ禍において優位性を持っていると言えます。

初値の高騰を予想していますが、もしあまり上昇しない場合にはセカンダリー参入のチャンスと考え積極的に狙っていきたい銘柄です。

むさし証券、SBIネオモバイル証券への配分が追加発表されていますのでチェックしておきましょう。

\応援いただければ励みになります/
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事